甘デジ×時短突破型×遊タイムがパチンコの新たなトレンド!

パチンコのスペックは主にミドル・ライトミドル・甘デジの大当たり確率を軸に、確変・ST・1種2種混合機・時短突破・転落などのタイプが組み合わさって構成されています。その中で、最近は甘デジ×時短突破型の機械が想像以上の出玉を生み出し、さらに遊タイムが合わさったことで人気を集めています。

時短突破型甘デジは少しずつ人気上昇中

時短突破型はV確STの派生として、2014年頃から出始めました。「CR丹下左膳」や「CR 009 RE:CYBORG」などが有名ですが、大当たり確率約1/199あたりのライトミドルがメイン。その後、「PFマクロスフロンティア3 Light ver.」や「Pぱちんこウルトラセブン2 Light ver.」「PA巨人の星~栄光の軌跡~Light ver.」などが設定付きぱちんことして登場しました。

実は、少し前から新しいスペックと爆発力のある甘デジが組み合わさり、人気の火種が燻り出していたのです。

遊タイムは時短突破型と相性抜群!

遊タイムの作動は日工組の内規で、大当たり確率の分母2.5倍~3.0倍以下の発動、大当たり確率の分母3.8倍以下の時短回数となっています。1/99の甘デジの場合は250回転で約376回転の時短まで付けることができます。

時短突破型の場合、時短スルーした回転数も遊タイム発動までの回転数に含まれるうえ、時短中に右打ちの高ループに直行できることは大きなメリット。とても相性が良いのです。

設定付きぱちんこの時短突破型がちょっとした人気を集めた中、遊タイム付きの時短突破型の登場によって、甘デジが狙える台として認知され始めました。

今回は2020年夏頃に導入され優秀な出玉性能を発揮している機械をご紹介します。

PAぱちんこ新・必殺仕置人TURBO

京楽産業.

スペック

大当り確率低約1/99.9 高約1/86.3
確変突入率ヘソ1% 電チュー100%
真仕置CRASH TURBOST120回orST120回+時短50回or時短279回
出陣チャンス(時短)40回
賞球数3&1&2&10
ラウンド10Ror3R
カウント10C
遊タイム低確率状態を280回転消化で
379回の時短突入
ヘソ
3R+ST120回1%
3R+時短40回99%
電チュー
10R+時短279回0.5%
10R+ST120回+時短50回49.5%
3R+時短279回0.5%
3R+ST120回orST120回+時短50回49.5%

ST継続率約80%の爆発力が魅力!

遊タイムやロング時短など、新規則を多く搭載して登場した京楽産業.初の遊タイム搭載機です。ST継続率は約80%と非常に高く、加えて最大ラウンド比率も50%と、RUSH突入によってまとまった出玉を獲得できるのが特徴です。「スエオ」で据え置きを示唆するなど朝イチの攻略要素もあり、様々な面で新しい魅力が詰まっています。

PAフィーバーアクエリオンALL STARS LIGHTver.

SANKYO

スペック

大当り確率低1/89.9 高1/72.9
ST突入率5%(時短引き戻し含む合算約35.2%)
ST継続率約75%
ST回数ST100回
時短30回or50回or100回
賞球数1&1&5&3&10
ラウンド10Ror7Ror5Ror3R
カウント10C
遊タイム低確率225回転消化で
電サポ341回
ヘソ
3R確変+ST100回5%
3R通常+時短100回1%
3R通常+時短50回19%
3R通常+時短30回75%
電チュー
10R確変+ST100回40%
7R確変+ST100回5%
5R確変+ST100回5%
3R確変+ST100回50%

大当たり確率約1/89で遊タイムまで軽い!

大当たり確率1/89.9のため遊タイムまでの回転数がとても軽いのが特徴。30回の時短スルー後、わずか約200回転すれば遊タイムに突入するため、遊タイムまでがそこまでに苦にならない印象です。ST継続率こそ約75%程度ですが、最大ラウンドに偏れば魅力的な出玉を獲得できます。

まとめ

2020年から遊タイムをはじめ、3種類の時短の搭載が可能になったことでパチンコのスペックが少しずつ変化し始めています。大当たり確率の下限が1/319になり最大ラウンドが10Rになりましたが、継続率が緩和され、遊タイムが可能になり、連チャン性能によって出玉感が戻ってきています。

甘デジについては遊びやすいイメージだったものが、これからは遊びやすいタイプと大量出玉を獲得可能なタイプに二分されていくかもしれません。

ミドルやライトミドルばかりがメイン機としてクローズアップされがちなパチンコですが、遊タイムによって進化した時短突破型の甘デジにも注目すべき時代に移りゆくのではないでしょうか。

(C)松竹・ABCテレビ (C)KYORAKU (C)2004 Shoji KAWAMORI・SATELIGHT/Project AQUARION (C)SHOJI KAWAMORI,SATELIGHT/Project AQUARION EVOL (C)2015 SHOJI KAWAMORI,SATELIGHT/Project AQUARION LOGOS (C)SANKYO

POTスタッフ
この記事を書いた人