ミリオンゴッド-神々の凱旋-GOD揃い演出解析 1/8192のレバーオンはこの演出待ち!

ミリオンゴッド-神々の凱旋-で、最も嬉しい瞬間「GOD揃い」。出現率1/8192で、引けば100G+GOD GAMEストック4個+αを獲得できる強力一撃フラグは、そのフラグの時には出現率が異なる特定の演出が発生します。知って楽しい今さら聞けないゴッド凱旋の演出仕様をおさらいして、熱い瞬間を逃さないように打ちましょう!

GODと赤7の演出の出現率の解析をおさらい

まずは基本中の基本、赤7とGODフラグの出現率についておさらいしましょう。

赤7揃い1/5461(全設定共通)
GOD揃い1/8192(全設定共通)

すべての目標は、このフラグを引くことから始まります。ゴッドシリーズにおいて1/8192は特別な数値。これを引けるか引けないかが最も重要な要素です。

演出の出現率振り分けは通常時とAT中で若干異なりますが、どちらもフリーズ演出の振り分けが高くなっています。

基本は「パオン♪」でGOD揃い

通常時はレバーONフリーズの比率が多く、18.8%で「パオン」からGODが揃います。凱旋から新搭載された第一停止フリーズも合わせると、GOD揃い成立時の約1/4がフリーズ絡みになります。

そしてAT中には振り分けが異なり、GOD揃い成立時の約1/3が、チャンスボタン絡みで出現しやすくなります。

通常時

赤7GOD
5.5%
竜巻5.5%
図柄巨大化8.2%4.1%
神の雷10.9%8.2%
太陽の戦車13.9%11.4%
天空の扉21.9%16.4%
チャンスボタン関連21.9%16.4%
遅れ10.9%16.4%
プレミアム演出1.4%2.1%
レバーONフリーズ18.8%
第一停止フリーズ6.3%

AT中

赤7GOD
0.8%
竜巻3.1%
図柄巨大化12.5%
神の雷12.5%5.3%
太陽の戦車13.3%7.3%
天空の扉25.0%18.8%
チャンスボタン関連20.3%33.0%
「?」ナビ12.5%9.4%
プレミアム演出1.3%
レバーONフリーズ18.8%
第一停止フリーズ6.3%

第一停止フリーズの前の演出も振り分けあり!

強演出からは発生しないのが第一停止フリーズの特徴で、最も振り分けが大きいのが「遅れ」からの約1/4です。遅れが発生した場合はご存知の通り、PUSHボタンが光ると激アツ!光っていなくても押してフリーズする場合もありますから、必ずPUSHボタンを押すようにしましょう。

通常時AT中
演出なし15.6%
砂嵐3.1%18.8%
3.1%18.8%
3.1%15.6%
12.5%15.6%
アルテミスの矢12.5%15.6%
吹雪12.5%
竜巻12.5%15.6%
遅れ25.0%

プレミアム演出は状態別が多数

プレミアム演出一覧

  • 天空の扉(金) ※G-STOP中限定(赤7orGOD)
  • ボタン→天空の扉(金)
  • ボタン振動ロング
  • 「CHANCE」文字遅れ (赤7orGOD)
  • デカボタン
  • 神熱 GG中限定
  • 図柄が消える ※通常時限定(赤7orGOD)
  • 石像が動く ※通常時カドメイアの遺跡限定
  • ネッシー出現 ※通常時ペイレネの泉限定
  • 金のリンゴ落下 ※通常時ヘスペリデスの園限定
  • 背景にゼウス出現 ※通常時アクロポリスの丘限定
  • アテナの影出現 ※通常時パルテノン神殿限定
  • ゼウスの杖 ※GG中オリンポスステージ限定
  • 泡の7図柄群 ※GG中ポセイドンステージ限定
  • ゼウスが消える ※GG中ゼウスステージ限定
  • 白黒GOD背景 ※PGG中GODステージ限定
  • ナビ音の遅れ (赤7orGOD)
  • 「?」BGMが消える
  • ローマ数字ナビ (赤7orGOD)
  • GODナビ ※GG中限定

看板娘POTちゃんのGOD揃い

我らがPOTちゃんがこれまで引いたGOD揃いは合計4回。うち3回が天空の扉(赤)と、半端じゃない演出の偏り方をしています。残りの1回がCHANCEボタンロングバイブのレアパターンです。

そう、何を隠そうPOTちゃんはフリーズGOD処女です。ゴッド凱旋の撤去までに果たしてフリーズは引けるのでしょうか?

まとめ

夢が詰まったミリオンゴッド-神々の凱旋-のGOD揃いは、これまでのゴッドシリーズの中で最も演出面で楽しませてくれる作り込まれたパターンを搭載しています。レバーONフリーズだけではなく、演出からの成立役の推測と第一停止のドキドキ感もあります。さらに、遅れ+PUSHボタンの楽しみもゴッド凱旋を面白くする要素のひとつです。

POTは皆さんが、2020年11月のゴッド凱旋撤去までにできるだけ多くGOD揃いを引けるように祈っています。

(C) UNIVERSAL ENTERTAINMENT

POTスタッフ
この記事を書いた人