ミリオンゴッド-神々の凱旋-の後継を担うのはパチスロ聖闘士星矢海皇覚醒!

高射幸機が撤去されたあと、残されたスロットAT・ART機で人気を集める沖ドキも、年始にはパチンコ店を去ることになります。元々、5号機が2021年1月末で全て設置期限を迎えるはずだったものが、2021年11月末までに延期されたことで、1年弱の猶予が生まれました。そこで人気に拍車がかかったものがパチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒です。

6号機の中で設定不問の出玉を生む機械がないため、ゴッド凱旋のように設定1だろうと出玉を見込める台が人気を集める構図となっています。

ゴッドの後継は星矢が担う!

ゴッド凱旋や沖ドキを除いたパチスロで、人気が集中する機械を想像すると、まずは「ジャグラーシリーズ」や「ハナハナシリーズ」が筆頭となり、一部の客層が「いろはに愛姫」に走るといったところ。

そんな中、優秀な稼働をキープする機械が「パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒」です。ハイリスクハイリターンといった点でゴッド凱旋に限りなく、設定変更後にチャンスがあることや低設定でも夢を見られることが稼働の要因となっています。

星矢は設定6でも出ないが設定1でも出る!

ART突入後は設定不問になるのが、聖闘士星矢をはじめ、5.5号機の特徴です。この世代の5号機は押し順ペナルティでベースを下げバランスを取っていた旧基準機のような出玉が生み出せなくなり、さらにサブ基盤による出玉性能の管理ができなくなった台。

同じ世代の5号機は

  • SLOT魔法少女まどか☆マギカ2
  • 押忍!番長3
  • パチスロ笑ゥせぇるすまん3~笑撃のドーン~

など

番長3や笑ゥせぇるすまんは設定6の出玉率119%を謳い文句に導入された一方、星矢とまど2は設定不問の一撃上乗せの可能性が魅力の台として、ライバル機の撤去とともに人気をジワジワと上げています。

現行機で最も3ケタ上乗せが近い!?

「パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒」の魅力の全ては設定不問の上乗せ性能にあります。ART平均獲得枚数は1,350枚、3ケタ上乗せ頻度は5号機最高峰です。

最強上乗せ性能を誇る「アテナフリーズ」は最低1,000G!

最強上乗せ特化ゾーン「千日戦争」は平均650G!

景気の良いゲーム数上乗せ性能がならぶプレミア系のほかにも、ヒキで3ケタ上乗せを得られる契機とにかく豊富です。

天馬覚醒の幻魔拳フリーズを目指せ!

ART突入時の初期ゲーム数上乗せ特化ゾーンは、最も重要な10G。3ケタ上乗せが保証されているものの、ここで多く7やアテナ図柄を揃えて幻魔拳フリーズ発生率を上昇させ、100G以上を上乗せする幻魔拳フリーズを発生を目指しましょう!

黄金騎士VS海将軍のデスマスクも腕の見せどころ!

上乗せ特化ゾーンの「黄金聖闘士VS海将軍」は、パワー・バランス・スピードの3タイプの黄金聖闘士に加え、デスマスクのみ波乱タイプとなっています。パワーならサガ、バランスならシャカ、スピードならムウで300G以上の大量上乗せを見込めますが、出現頻度は低くお目にかかることは稀です。

高頻度で出現する黄金聖闘士の中では、デスマスクでもちょっとしたヒキがあれば3ケタ上乗せ可能です。継続率はとても低く2戦継続保証後に即終了となりがちですが、火時計1~3宮目以外での勝利は100ゲーム上乗せ濃厚です!

まとめ

5.9号機から6.1号機まで、有利区間最大2400枚の上限によって一撃性の高い機械が生まれない状況が続いている現状を踏まえて、2021年はパチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒の人気がさらに上昇する1年になることが予想されます。今でも高稼働で空き台を見込めない状況が続いていますが、ゴッド凱旋の後を継いで、夢を見られる台としてスロットの人気をつないでくれることでしょう。

現実としては設定1を打つ機会ばかりになってしまうかもしれませんが、設定なんて関係ないのが星矢です。設定6でも余裕で負けられ、設定1でも大勝できます。沖ドキやゴッド凱旋と同様に初期投資の覚悟は必要ですが、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(C)車田正美・東映アニメーション

ればぶる
この記事を書いた人
役物の震えは心の震え! 赤と金は絶対に安売りしてほしくないサプライズ大好きパチンカーです。