養分先生は今日も養分としてホールで癒されています その②

乙女5では、通常時先読み期待度アップにして、保留賞球時白い煙が出るだけ(大当り期待度60%over)で興奮しまくっている養分先生です。ちなみに右打ち中は確変時なら保留変化期待度アップ、通常なら白玉カスタム( 16R大当り時高確率で榛名ランプ点灯)で使い分けをして通ぶっています。

さて、前回に引き続き乙女 5の第1位をご紹介していきたいと思います。察しが良い乙女紳士の方であれば先読みして何が来るか既に分かっているのではないでしょうか。まぁ、引っ張ってもしょうがないので、早速第1位の発表です!

第1位

萌え度数 99点

ケンシン、シンゲン、ウジマサの尊さ

今作「乙女5」を語るうえで欠かせない、影の主役である3人は「萌え」を飛び越えて「尊さ」を感じる事が出来ます。まずは今作のケンシンとシンゲンについてご説明します。

前作「乙女花」ではまさかの図柄から落選して新キャラに居場所を取られたケンシンとシンゲン。しかし、今作では完全に主役級の扱いとなっています。第3位で紹介した3図柄イエヤスの特別さは、ケンシンとシンゲンにも適応されており、リーチではイエヤスに次ぐ大当り期待度を持っているだけでなく、確変中の乙女アタックではケンシンとシンゲンが冠する5図柄(確変中はグループAとBを選ぶことが出来、AはケンシンBはシンゲン)はノブナガと同様大当り濃厚と言う特別扱いをされています。

何故前作で抜けていたキャラ達にここまで特別扱いが発生したのか。それは機種の中で巻き起こるストーリーに関連しています。

今更な話なのでご存知の方も多いと思いますが、今作では北条ウジマサが敵キャラとして登場します。このウジマサですが、本来心優しい武将であり、過去ケンシンとシンゲンと深く交流をしていました。しかし毛利輝元と言う男キャラに人体実験をされてしまい、過去の記憶や性格を消失し、戦うだけの戦闘マシーンとして乙女達の前に立ちはだかります。そのウジマサを救う為、ケンシンとシンゲンが他の乙女達と共に立ち向かう。と言うのがざっくりとした今作のストーリーです。

余談ですが、そもそも今作のストーリーは乙女3の続編であり、ストーリーとしては前作の乙女4作目にあたる「CR戦国乙女~花~」は別次元的な扱いをされているそうです。他にもゲーム版でストーリーが補完されている部分もあるそうなので、気になった方は調べてみて下さい。

少々脱線しましたが、要は今回のストーリーとしてケンシンとシンゲンは中心人物となっており、その為特別扱いをされている。と、いう事です。

そんな少年漫画のように友を助けるべく、ツラい戦いに挑むケンシンとシンゲン、そしてウジマサの結末はいかに!

と、これ以上話してしまうとネタバレになり感動が薄れるので、その結末は是非ホールで見て頂きたいです。6話目でストーリーが完結するので、初当りを含め7連で観ることができます。

さらに当日履歴で連チャンしていない場合、解放される楽曲がどう聞いても今作のストーリーに合わせたウジマサの気持ちを歌ったであろう「絆詩」が流れるので、こちらも超絶感動ものです。乙女のスペックが2,400発多めの爆発力があるスペックなので、7連まで行くと万発を超えている場合が多いです。大量出玉に加えラストのストーリーと感動する楽曲に、「萌え」を通り越して「尊死」するレベルです。こちらは文句なしの99点!乙女5の制作に関わったすべての方に伝えたい。

本当にありがとうございます。

CRもPも萌え要素満載の乙女5を楽しんで下さい。

2018年8月に登場した乙女5は間もなくホール設置から2年が経過しようとしています。今でも変わらず頻繁に打ち込む本機お面白さはまだまだたくさんあります。

自動ボタンのミニキャラの可愛さや、通常時の小ネタなど、まだまだ書き足りない所もございます。が、今回はここまでです。たくさんの面白萌えポイントが詰まった乙女5を是非、今のうちに楽しんでいただきたいです。本機はライトスペックと甘デジでも出ており、ライトスペックは通常時に楽曲が聞けたり、高い継続率で大量出玉にも期待できます。間もなく新作の乙女がホールデビューを控えているので、地域によっては乙女5を打つ機会がなくなってしまう場所もあるかもしれません。新作は新作でとても楽しみなのですが、まだ打てる今のうちに乙女5を満喫していただきたいです。

戦国乙女は冒頭にも記載した通り、ゲーム、コミック、アニメと幅広く展開しています。パチンコでは語られない部分がたくさんあるので、より深く乙女を楽しみたい方にはおすすめです。しかし、私もですがそれらを知らなくても存分に「萌え」れるのが乙女の良い所でもあります。多種多様な楽しみ方ができる本当に素晴らしいコンテンツなのです!

本日はこれにてお開きでございます。さあ、明日もホールで「萌え」ましょう!

養分先生32
この記事を書いた人