1セット最大獲得約3,200発「P蒼天の拳 天刻」の仕組みを知れば楽しさ倍増!

大当り確率約1/199.8のスペック、Vストックを最大4個貯められる変わりダネなボーナスを搭載した「P蒼天の拳 天刻」。天刻=てんごく、と読ませて天国モードを連想させる機種名のとおり、なんと最低80%、最高100%でVを獲得できる天刻ループが魅力となります。今回は一風変わったスペックのP蒼天の拳 天刻を、わかりやすく噛み砕いて紹介していきます。

右打ち「死合の刻」に面白さが集約されている!

1種2種混合機のスペックの良いところは、この短い回転数に熱さが全て込められていることです。P蒼天の拳 天刻の場合、右打ちでのV獲得率が3パターンあるのが特徴で、モード別での確率を知っておけば4回転に気持ちを込めて遊ぶことができるでしょう!

V獲得率

継続率V獲得率
死合の刻約80%約1/3×4回転
死合の刻 CHANCE約94%約1/2×4回転
天授の儀100%1/1×4回転

天授の儀はVストック×4が確定するプレミアモードのようなもので、リザルト画面には達成記念に当日の日時が表示されます。突入率は4%程度となり、前回最終大当りで当選している場合のみ、1回転目消化後に天授の儀へ突入します。

ちなみに、天授の儀でなくてもVストック×4を十分に狙えるV獲得率ですが、約1/2×4回転の「死合の刻CHANCE」でのMAX獲得の可能性はおよそ16回に1回、約1/3×4回転の「死合の刻」でのMAX獲得の可能性は81回に1回。

Vストック1つあたりの獲得数は最大800発と少ないですが、Vストックを重ねて大量獲得した時の面白さこそP蒼天の拳 天刻の最大の魅力です。

チャンスアップさえあれば意外と勝てるバトルリーチ

死合の刻は1回転目の「StandBy」のみボタンPUSHでV獲得、2〜4回転目の「1st」「2nd」「3rd」は全てバトル系リーチ・楽曲系リーチ・フルストームリーチ(V獲得濃厚)等の演出を経てVを獲得する流れとなります。

宝珠を貯めて終わった後も右打ちを続けると、宝珠の色が昇格するパターンあり。1変動目には背景と文字色でチャンスアップします。

  • 宝珠の色
    青<緑<紫<赤<キリン柄
  • 背景
    デフォルト<赤<金
  • Stand By完了
    通常<赤<キリン柄

VS飛燕 < VSヤサカ < VS宗武

メイン演出のバトル系リーチはキャラクターによって期待度が異なりVS宗武なら激アツ!なのは当然ですが、想像以上に最も期待度が低いVS飛燕でも実際にはVを獲得できます。最低でも約1/3でV獲得抽選されているだけあって、演出中のチャンスアップが無くてもかなり期待できる展開になるのがポイントです。

  • エフェクト発生
    変化なし<赤<金
  • 当落ボタン
    通常<チャンス<赤ドライブギア<虹ドライブギア
  • 煽り演出
    デフォルト<チャンス<祝福

キャラクターに鉄心が登場して勝利すればV×2を獲得!

遊タイムは天授の儀モード確定!?

Vストック×4のルートはもうひとつあり、大当り599回転消化で突入する遊タイムは、表示上では死合の刻ですが、実は天授の儀モードでVストック×4獲得濃厚となります。P蒼天の拳 天刻の遊タイムは、もし全て4Rだったとしても約1,600発+死合の刻継続とかなり大きな特典となっています。

遊タイムが近くなると死合ZONEに突入し、遊タイム発動30回転前からカウントダウンが始まるので、ヤメてしまわないように注意しましょう!

席を離れてはいけないタイミングを覚えておこう

「右打ち」や「狙え!! 」の指示が出ている時は、トイレやタバコで離席してしまうと、大当りを獲得できない可能性があるので離席は厳禁。離席のタイミングは、Vストックを全て消化した後、死合の刻で打ち出し始める前が推奨です。

まとめ

天刻ループ突入率は54%ですが、大当り確率約1/199.8のライトミドルスペックのため何度も初当たりを引く機会を得られ、たとえハマっても大当たり間599回転で遊タイムに到達。かなり遊び易い割に、高継続率かつ1セットの死合の刻で一気に獲得出玉が増加する可能性もあるスペックです。出玉や継続率が重要視されるミドルスペックとは違い、遊び心のあるスペックを持った機種が揃うライトミドルスペックの選択肢の1つとして、長期的な人気にも期待できる1台です。

原作ファンならずとも注目の3種類のV獲得率を搭載したP蒼天の拳 天刻は2021年7月よりホールにて稼働中です。

(C)原哲夫・武論尊/コアミックス2001 版権許諾証YAS-121 (C)Sammy

ればぶる
この記事を書いた人
役物の震えは心の震え! 赤と金は絶対に安売りしてほしくないサプライズ大好きパチンカーです。