P宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たちの右打ちが〇〇バインの様に面白い!

不朽の名作として名高い『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ。パチンコとしても原作のようにハズレのない名作が続々と誕生するコンテンツとなっており、2021年7月に「P宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」が継続率約85%のV-ST機として登場。突入率は50%で、抽選に漏れても時短100回転が付き、ST突入のうち半分は実質次回大当り確定の電サポ10,000回転となる、初当たり後にかなり特典のあるスペックがこれまでと異なる魅力を演出しています。

しかし、6月下旬に一部ホールにて先行導入され、最速導入された頃に評価は大きく変わり、右打ちの爽快感が最大の魅力と言われる様に評価が一変!

ツイッター上では「時速30,000発」と話題となっています。

右打ちのスピード感、爽快感はまさに〇〇バイン級!

右打ちST120回転の「超波動RUSH」は1〜100回転が光速ST消化区間で多彩な即当たり演出を搭載しており、今どきのスピード重視の右打ちモードを搭載しているのが特徴です。ST中の大当たり確率は約1/64.6で、ST120回転での継続率は約84.62%もあります。そのうち光速ST区間の100回転での継続率は約78.99%。100回転以内の大当たりが数珠つなぎすれば、賞球が止まらない状態なほどの出玉スピードとなります。

大当たり後はすぐにアタッカーが開放するため、打ち出しを止める必要は一切なし。
STとラウンド中が繋がり、右打ちしっぱなしの時速3万発という展開は、まさに継続率は違えど〇〇バインと並び評されるに値するスピード感です。

しかも、継続率を補って余りある魅力がヤマトには搭載されており、右打ち中大当たりの内訳の70%が1,500発獲得となり、フルラウンドを獲得しやすいスペック。さらに即当たりに至るスピード感に乗った演出もいい感じです。

全国導入直後からツイッターでハイスコア報告が続々!

昨今のパチンコの新台はSNSでの出玉報告から人気に火がつくことも増えてきているため、新台週にツイッターで見られたハイスコア報告をまとめてみました。70%が1,500発の振り分けも手伝って、2万〜3万発を一気に獲得できることも見込めるようです。

https://twitter.com/rlrll16/status/1412411297929519110

歴代シリーズ機も宇宙戦艦ヤマトシリーズは高継続率!

さて、原作同様にこれまで歴代様々な機種が登場してきた「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ。

2016年に導入された記憶に新しい「CRフィーバー宇宙戦艦ヤマト-ONLY ONE-(SANKYO)」はライトミドルタイプの1種2種混合機で、なんとRUSH継続率約90%を誇る台。

2015年に導入された「CRフィーバー宇宙戦艦ヤマト(SANKYO)」はマックスタイプのV-ST機で、ST継続率は約82%ありました。

まとめ

16万8000光年にも及ぶ宇宙戦艦ヤマトの大航海が作品の根幹にあるだけあって、「P宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」も光速のイメージ通りのRUSHを搭載しているようです。ミドルスペックで登場するのも久々で、シリーズ共通の連チャン性能は健在。おまけに今作は初当たりのTOTAL25%でST単発を防止する電サポ10000回転の振り分け付きです。

このように、出玉スピードや連チャン性能が急上昇している2021年のパチンコシーンの中でも屈指の実力をみせる「P宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」に乞うご期待!

(C)東北新社 (C)SANKYO

ればぶる
この記事を書いた人
役物の震えは心の震え! 赤と金は絶対に安売りしてほしくないサプライズ大好きパチンカーです。