パチンコを楽しむ為には愛も大事だけどやっぱり資金が必須

先日CRF.マクロスフロンティア3の319ver.を打っていたら、3R通常を引いてから時短終了後すぐに当たって3R確変だったのですが、その後また3R通常を引いて、1箱にもならなかった養分先生です。

前々回に打った時は5連して全て3Rでした。どれが確変でどれが引き戻しだったか分かりませんが、正直甘デジの方が出玉あるんじゃないかと悩んでいます。右打ち中のミニキャラシェリルのドヤ顔で大分精神が助けられていますが、自分の引き弱には困ったものです。

結局この日はいつも通り負けたのですが、サラリーマン養分である私は打てる時間が限られており、打つならどんな状況でも打つしかありません。台を吟味してボーダー以上を狙うとか、グランドオープンなど期待できる日を探して仕事を休んで行く事は簡単には出来ません。そうなると打ちたい台があればある程度は我慢して打つしかないのです。

とは言え、湯水のように使えるお金がある訳でもなく、負け続ければ打てなくなるのは必須。そこで今回おススメするのは甘デジで萌えと出玉力を満たせる名機を、私の良く打つランキングでご紹介したいと思います。

個人の感想ですが、もし同じように資金に悩んでいながら萌えを求めたい方がいれば是非参考にしてみて下さい。

おススメ台ランキング

第3位

爆発力80点 アイマリンボーナスの萌え度90点

CRAスーパー海物語IN沖縄4

アグネスや3R、地中海など続々と登場する海物語シリーズの甘デジ。しかし未だホール設置が多く、ロング稼働を続けているのが沖海4でしょう。

スペック的に一撃で、と言うよりも数珠連で出玉を伸ばしていくタイプですが、たまに壊れたかと思うような連チャンをかますときもあり、出玉力は十分。さらに大量設置店も多いのでホールの扱いも良い場合が多いです。

まぁ、そんな事よりも重要なのが、アイマリン初登場機種であり、アイマリンが登場するときは萌え度がすさまじいことになるのがこの台の魅力でしょう。現在登場している海シリーズに所々登場するアイマリン。

詳しく語ると長くなるので簡単に説明すると、海物語の看板娘マリンちゃんをパチンコ以外の場所でも活躍させて認知してもらおうと三洋物産が始めたプロジェクトで生まれたキャラクターです。シリーズごとにキャラクターデザインが変わり、作詞作曲や歌い手も変わっていきます。

最近ではCVが固定され人気声優の方が担当しています。そんなアイマリンのパチンコ初登場台であり、アイマリンプロジェクト第1弾、第2弾の楽曲とキャラクターデザインが使用されています。こちらは16Rに当選するとアイマリンボーナスとしてラウンド楽曲でPVと共に聞くことが出来ます。これがまた素晴らしく、16Rの喜びをかみしめながら映像と歌で萌えさせてくれる本機は満足度激高です。

ちなみにアイマリンボーナスは2曲あり、私としてはどちらも好みですが、あえてどちらと言うのであれば「Dive to Blue」がめちゃくちゃ好きです。PVの映像と歌詞がリンクして、アップテンポなのに聞かせる深い感じがとても良いです。

私はウリン派なのですが、アイマリンのラウンド曲「Dive to Blue」が聞けるのは本機だけなのでこちらを3位に据えました。余談ですが、通常ラウンド時は「めんそ~れ沖縄」のウリンがめちゃくちゃ可愛いのでこちら一択です。

第2位

爆発力95点 さやかの負けっぷり80点

CRAドラム麻雀物語

ドラムと液晶が融合した斬新なスタイルで登場した本機。平和が送る萌えパチコンテンツの代表とも言える麻雀物語。もともとは初代は萌えパチではなかったのですが、私は初代を知らないので麻雀物語は萌えパチで認識しています。

本機は一種二種混合機で、初当たり時50%の壁を越えて時短を勝ち取り、時短+残保留4回で大当りすると、出玉力がヤバいRUSHへと突入します。一撃万発も夢じゃない、むしろ2万発も見えるほど出玉を積み上げている所を見たくらいの爆発力を秘めています。

正直出玉だけで見るなら本機が1位なのですが、2位なのは私の好きな演出がさやかが負けるところなのです。

こちら出玉的には完全なマイナスなのですが、負けた時の悲壮感漂う顔が思わず萌えてしまうのです。感覚で言えば「必殺乙女チャンス」を失敗させた乙女の表情、みたいな感じです。思わず許してしまう、でも悔しい複雑な萌え豚心をくすぐらせる一品です。さすが平和さん。とは言え、出玉力は申し分なくとも萌えポイントが複雑なので2位です。

第1位

爆発力90点 ロリコンにクリティカル90点

デジハネCRA偽物語

文句なしの1位に上げられるのがこのデジハネCRA偽物語です。私はライトミドルを好んで打つのですが、こちらの甘デジ、正直ライトと遜色がないレベルの出玉を吐き出すことがあります。

右打ち時は、ライトミドルと同様50%で16Rに当選する上、大当り確率もほとんど変わりません。時短100回付けることが出来ればライトミドルと同様の出玉スピードを発揮するので出玉力に関しては甘デジ以上のポテンシャルを持っているのです。

出玉力は十分。そして萌え要素に関してはロリコン製造機と呼べる程の萌え機種です。本機のヒロインは複数人いますが、注目すべきはやはり「忍野しのぶ」でしょう。厳密にいえばヒロインとはちょっと違いますが、そんな些細な事はわきに置いておきます。

まず甘デジでは盤面にドーナツをもった忍がいます。この時点ですでに他機種を凌駕する魅力をもっていますが、さらに忍野忍リーチでは声も映像も魅力あふれる忍をたくさん見ることが出来ます。

このリーチ以外にもコメディST中は対戦相手が出た時にボタンを押すと忍のボイスが発生します。たいてい「またそのリーチか」ですが、それ以外のパターンが来ると大当たり濃厚や16R濃厚などのボイスを聞くことが出来ます。

映像も良いのですが声だけでこんなにも萌えさせてくれる忍がいる本機を打たない理由はありません。さらに、ロリコン製造と言うほど、所謂ロリっ子が他にも登場します。前作から登場している八九寺真宵は多くのロリコンを前作で量産した事は昨日の事のように思いますね。

そして偽物語から登場する斧乃木余接はミニキャラで毎回選択してしまうほどの可愛さを持っています。忍も良いのですが、余接も良いと贅沢な悩みをさせてくれる本機。正確には真宵は幽霊、忍は高齢の吸血鬼、余接は式神なのでロリとはちょっと違いますが、見た目的に完全無欠のロリ集団なので、ここにハマった方はロリコン認定でよろしいと思います。

そんなロリコンを大量に発生させた本機が私の最も打つ出玉力も萌えも備えた甘デジとして堂々1位にしました!

ヲタクは貢ぐものですが先立つものは必要

推しキャラの為に、あのコンテンツを楽しみたいからなど、コンテンツ重視で機種を選ぶ方は特に勝敗関係なく打ち込んでしまうと思います。お金が腐るほどあるような成功者の方であれば気にしないと思いますが、多くの人は限られた金額で楽しむ必要があります。私自身、打ちたい台だけ打ちまくっていて給料日まで打てなくなる。みたいな状況が良くおこります。少ない投資しかできないと楽しむことも出来ず終わってしまうので、そんな時出玉的にも萌え的にも満足できる今回の機種はおススメです!

…ただ、麻雀物語と偽物語はラッシュに突入すれば高い一撃性が味わえますが、ラッシュに入らない(偽物語は20、50回の時短)が続くと甘デジとは思えないほど負けれます。ただ甘デジなので初当たりは引きやすいので、無理しない程度に楽しんでいただけると幸いです。給料日前の同士の皆様、思いっきり打ちたい台を打つために、余裕がない時がは甘デジでしのぎましょう!

本日はここまでです!

養分先生32
この記事を書いた人